笑い太郎の将棋ブログ

観る将。ちょっとだけ指す将(1級程度)。初段目指して日々の勉強内容をつらつらと書き綴ります。

「角交換四間飛車で勝つための24の心得」を読んだ

3連休2日目。今日は午前中NHK杯将棋トーナメント、丸山九段vs佐々木大地五段戦がありました。角換わりの将棋で丸山九段が早繰り銀で積極的に攻めていく将棋になりました。しかし私はのっぴきならない局面で睡魔に襲われ昼寝してしまいました。NHK将棋で昼寝する率が高すぎます。ネット中継のように書き込みができれば眠気も覚めるのですが・・・。

 

今日の勉強内容

詰将棋100題と、角交換四間飛車の本を読みました。

5手詰ハンドブック〈2〉

5手詰ハンドブック〈2〉

 

再開後3冊目。今日から5手詰ハンドブック(2)をやっていきます。やはり浦野先生の詰将棋は難しい。意外な初手が多くなかなか見えません。一方でトリッキーな王手ばかり考えていると案外単純な王手でいいことも。詰将棋あるあるですが、駒を取らない問題が多いので、駒を取れば簡単に詰む筋がなかなか見えないということもあります。

休みのうちに1周目を終わらせたいということで、頑張って100問やりました。明日も100問やります。1周目はかなり苦しいですが、2周目以降は比較的サクサクできるようになるので、生みの苦しみと言いますか、頑張りどころです。

 

角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)
 

今日も1周しました。解説はこまかく読まず、どんどん問題を解いていくだけであれば、1時間くらいで1周できますね。今日は1周やって2問間違えました。大分身についてきたような気がします。

 

角交換四間飛車で勝つための24の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
 

角交換四間飛車の本をもう1冊。まだ読み切っていませんが、序盤・中盤・終盤と分かれているところの序盤・中盤までは読み進めました。藤井先生の本には書いてない指し方も載っていました。立石流や4→3戦法についても書いてあり、戦法の概要がわかりました。相振り飛車の指し方も少し載っていて参考になりました。

とはいえ1回読んだだけでは指しこなせるほど理解はできないので、何度も読む必要がありますね。こういう普通の棋書は、私レベルだと盤に並べながら読まないとついていけなくなっちゃうので、読み進めるのにかなり時間がかかります。休みの日を利用して復習していきたいと思います。

 

今日の実戦

今日は7局指して5勝2敗。調子がいいようですが、負けている将棋を相手の時間切れで勝ったりとか、内容はあまりよくありませんでした。将棋クエストのレートが現在1667。年内には1700台に乗せたいところです。

 

終わりに

明日は叡王戦の七段予選がありますね。まぁ一日中観てるとあまり勉強ができないので、19時開始のは絶対見るとして、10時開始と14時開始はラジオ的に聴く感じにしようと思います。