笑い太郎の将棋ブログ

観る将。ちょっとだけ指す将(1級程度)。初段目指して日々の勉強内容をつらつらと書き綴ります。

角交換四間飛車を勉強し始めた

涼しくなってきました。やっと秋になってきました。

 

本日もひたすら詰将棋。青い5手詰ハンドブックをひたすらやってます。なんと今日は200問解きました。2周目を100問と3周目を100問。1日で1周しました。

 

3周目に入り、つまずく問題は少なくなってきました。平均1問40秒くらいで解けるようになってきました。最終的な目標は1問20秒ですが、これは初手がひと目で思いついて、相手の受け方のパターンをさらってすべて詰むことを確認する作業。一瞬の無駄時間も許されない感じですね。

 

さてKindle書籍の「アマチュアの将棋上達法」のとおり、しばらくは詰将棋を最重要視して頑張っていきますが、序中盤に関してもやらないとなかなか勝てないのは感じています。戦法を絞りたいと思っていましたが、思い付きで角交換四間飛車を勉強し始めました。

 

角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)
 

 

この本の前書きに角交換四間飛車の利点は、

(1)先手番でも後手番でも指せる

(2)玉を常に固くできる

(3)自分から攻めていくことができる

と書いてあります。美濃囲いで自玉を固くしつつも自分から攻めていけるというところが魅力的に感じました。居飛車を指していても角交換四間飛車を相手にするのはなかなか大変なので、指しこなせるようになれば結構勝てるんじゃないかと考えています。この本も最低3周はしようと思います。