笑い太郎の将棋ブログ

観る将。ちょっとだけ指す将(1級程度)。初段目指して日々の勉強内容をつらつらと書き綴ります。

藤倉勇樹先生の「相振り飛車 基本のキ」を観た

今日は休み。家の仕事をササッと済ませて、将棋の勉強にいそしむ。

振り飛車の勉強をするのが課題でしたので、まずは、

「よくわかる相振り飛車」を読みました。

 

マイナビ将棋BOOKS よくわかる相振り飛車

マイナビ将棋BOOKS よくわかる相振り飛車

 

しかし、残念ながらこの本は序盤の駒組みくらいしか説明されてなく、

具体的にどうやって相手陣を崩していくかといった中盤の説明がないので、

私レベルの人間にはどうやって指し進めていいかがよくわかりませんでした。

第1章、第2章を読んで、これ以上読み進めても意味ないと感じたので断念しました。

 

そこで、将棋プレミアムで相振り飛車の講義動画がないかなと探してみたところ、

見つけたのが、藤倉勇樹先生の「相振り飛車 基本のキ」。

全13回の動画を一気に観ました。

 

とてもわかりやすく、中盤の攻め方も一例として解説しているので、

端攻めや6筋からの攻め方などいくつかの攻め筋を覚えることができました。

 

せっかく相振り飛車の基本を覚えたので、

藤井猛先生の指しこなすシリーズもやってみようと思います。

 

話は変わって、最近の実戦は、ダメダメです。

棋神に頼ることに慣れてしまって、序盤で潰されそうになった時とか、

難解な終盤になった時につい使ってしまいます。

正直、棋神を使うなら勉強なんてしなくてもいいわけで、やってることが支離滅裂。

一度24に戻って、自分の頭でじっくり考えるようにしようと思います。

 

以下、今日の勉強記録。

 

5手詰ハンドブック

5手詰ハンドブック

 

 第101問〜第120問。

 

 

将棋・ひと目の手筋

将棋・ひと目の手筋

 

 第151問〜第208問。