笑い太郎の将棋ブログ

観る将。ちょっとだけ指す将(1級程度)。初段目指して日々の勉強内容をつらつらと書き綴ります。

木村新王位誕生

今週は将棋の勉強はあまりできませんでしたが、観る将は頑張ってました。

 

なんといっても木村新王位の誕生。あのむちゃくちゃ強い豊島名人との7番勝負を制しての王位獲得は震えました。今まで何度もタイトル挑戦しては跳ね返されてきましたが、ついにタイトル獲得となりました。自分は40歳手前のアラフォーですが、なかなか新しいことにチャレンジするということもなくなってきていますが、40歳過ぎて華が咲くこともあるわけですから、まだまだ頑張らないといけませんね。勇気をもらった気がしました。

 

叡王戦の予選もチェックしていますが、今日は四段予選で、古森四段が枠抜けしました。過酷な四段予選を抜けたのは本当にすごいことです。本戦入りに振り飛車党が多いのがいいですね。羽生九段と藤井七段が負けてしまいましたが、本戦は大いに盛り上がりそうです。

 

自分自身の将棋はなかなか強くなりません。角交換四間飛車を勉強してやっていますが、みなさん色んな対策を持っていてなかなか簡単には勝たせてもらえません。逆棒銀を防がれ、地道に囲いを発展させて、いざ中盤戦となると、どう指していいのかわからなくなっちゃいます。イトシン先生のYouTubeを観たりして色んな攻め筋を学ばなきゃいけなさそうです。

叡王戦七段予選を観ながら・・・

3連休3日目。関東は台風からは遠いですが、強風域に一部入っていて、風が強いですね。3連休も最終日。なるべく時間を有効に使おうと早起きして勉強していました。

 

今日の観戦

叡王戦七段予選がありました。今も放送中で、コンピュータソフトの開発者さんが番組に出て、いろいろお話を聞いているところです。

10時からの対局は中盤から観ていました。村山七段vs田村七段。逆転が何度かある大熱戦でした。田村七段が詰めろ逃れの詰めろの桂跳ねをしたときすごい盛り上がっていましたが、実は村山七段の方に詰ます順があった。(だから正確には詰めろ逃れの詰めろではないのですね)しかし、手順が難しく、詰ますことができずに、田村七段の勝利となりました。

コンピュータの最善手ばかり追う人もいますが、個人的に一番盛り上がるのはこういう大熱戦ですね。人間同士の将棋の良さといったところでしょうか。

14時からの対局は途中で昼寝してしまいましたが、佐藤秀司七段の勝利。本選トーナメントをかけた19時からの対局はじっくり観たいと思います。

 

今日の勉強内容

詰将棋100題と角交換四間飛車の本を読みました。

 

5手詰ハンドブック〈2〉

5手詰ハンドブック〈2〉

 

後半100題を解きました。時間を計測して勉強していましたが、後半は前半より時間がかかるので難しくなっているんでしょうね。1周目は苦行でしたが、なんとか休みの日に終わらせることができました。平日はあまり時間がとれないので、1周目をやるのは避けたかったんですよね。明日からは2周目をやっています。

 

角交換四間飛車で勝つための24の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
 

終盤編をざっと読みました。ここ実戦ではかなり重要な部分ですね。何度か読み直そうと思います。

 

今日の実戦

負けた。負けすぎた。5勝11敗かな。負けすぎると意地になって指し散らす病気が出てしまいました。いやー弱い。序盤・中盤・終盤、隙がなく弱いですね。序盤でいきなり悪くすることもあれば、終盤で大逆転をくらうこともあります。自分なりに課題を見つけ出さなくてはいけませんが、全部弱いので困っちゃいますね。

レートが1700を超える人にはなかなか勝てないので、やはりまだ自分は初段の力はないのだと痛感しました。なにか根本的に将棋を変えないと初段には上がれないような、そんな心配をしています。

オンラインでコーチをしてくれる人もいるので、そういう人に教わってみてもいいのかもしれませんね。

 

終わりに

今週はなんといっても王位戦の最終局がありますね。大注目の将棋。時間が許す限り観戦したいと思います。

「角交換四間飛車で勝つための24の心得」を読んだ

3連休2日目。今日は午前中NHK杯将棋トーナメント、丸山九段vs佐々木大地五段戦がありました。角換わりの将棋で丸山九段が早繰り銀で積極的に攻めていく将棋になりました。しかし私はのっぴきならない局面で睡魔に襲われ昼寝してしまいました。NHK将棋で昼寝する率が高すぎます。ネット中継のように書き込みができれば眠気も覚めるのですが・・・。

 

今日の勉強内容

詰将棋100題と、角交換四間飛車の本を読みました。

5手詰ハンドブック〈2〉

5手詰ハンドブック〈2〉

 

再開後3冊目。今日から5手詰ハンドブック(2)をやっていきます。やはり浦野先生の詰将棋は難しい。意外な初手が多くなかなか見えません。一方でトリッキーな王手ばかり考えていると案外単純な王手でいいことも。詰将棋あるあるですが、駒を取らない問題が多いので、駒を取れば簡単に詰む筋がなかなか見えないということもあります。

休みのうちに1周目を終わらせたいということで、頑張って100問やりました。明日も100問やります。1周目はかなり苦しいですが、2周目以降は比較的サクサクできるようになるので、生みの苦しみと言いますか、頑張りどころです。

 

角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)
 

今日も1周しました。解説はこまかく読まず、どんどん問題を解いていくだけであれば、1時間くらいで1周できますね。今日は1周やって2問間違えました。大分身についてきたような気がします。

 

角交換四間飛車で勝つための24の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
 

角交換四間飛車の本をもう1冊。まだ読み切っていませんが、序盤・中盤・終盤と分かれているところの序盤・中盤までは読み進めました。藤井先生の本には書いてない指し方も載っていました。立石流や4→3戦法についても書いてあり、戦法の概要がわかりました。相振り飛車の指し方も少し載っていて参考になりました。

とはいえ1回読んだだけでは指しこなせるほど理解はできないので、何度も読む必要がありますね。こういう普通の棋書は、私レベルだと盤に並べながら読まないとついていけなくなっちゃうので、読み進めるのにかなり時間がかかります。休みの日を利用して復習していきたいと思います。

 

今日の実戦

今日は7局指して5勝2敗。調子がいいようですが、負けている将棋を相手の時間切れで勝ったりとか、内容はあまりよくありませんでした。将棋クエストのレートが現在1667。年内には1700台に乗せたいところです。

 

終わりに

明日は叡王戦の七段予選がありますね。まぁ一日中観てるとあまり勉強ができないので、19時開始のは絶対見るとして、10時開始と14時開始はラジオ的に聴く感じにしようと思います。

第5期叡王戦 五段予選 黒沢五段 vs 青嶋五段 を観た

今日から3連休。午前中は資格試験を受けに行っていましたが、午後からは将棋三昧。勉強と観戦をしました。

 

今日の観戦

一日叡王戦でしたが、午前中の対局は用事があって観られず、14時からの対局も将棋の勉強を優先させてじっくりは観ていませんでした。19時からの対局はじっくり観ました。

19時からの本戦入りをかけた対局。先手の黒沢五段が▲68飛とした際は、角交換四間飛車かと思い、一瞬嬉しかったでしたが、すぐに▲75歩とつき、石田流になりました。難しい中盤戦で千日手の筋もあり放送は盛り上がりましたが、千日手にはなりませんでした。

後手の青嶋五段がリードし終盤戦に入りますが、なかなか決めきれず、駒を清算して、後手が88に飛車を打ちおろした局面では、先手からの切り返しの手順もあり、評価値は大分互角に近くなっていたようです。

その後も、青嶋五段がなかなか決めきれず、終盤までもつれる展開となりました。プロでも終盤をすっきり寄せ切るということは難しいのですね。とはいえ、最後は青嶋五段が詰みを見つけ、勝利しました。

 

今日の勉強内容

5手詰202題と、角交換四間飛車を指しこなす本を1周しました。

 

5手詰将棋:テーマは「実戦! 」 (将棋パワーアップシリーズ)

5手詰将棋:テーマは「実戦! 」 (将棋パワーアップシリーズ)

 

高橋道雄先生の5手詰集は再開後3周目。すべての問題をサラサラと解けるようになりました。1問30秒くらいでは解けるようになったと思います。明日から5手詰ハンドブック2をやっていこうと思います。

 

角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)
 

角交換四間飛車を指しこなす本は1週間ぶり。忘れている問題が結構な数ありました。明日もう1周したいと思います。

 

今日の実戦

休みなのでたくさん指しました。9勝7敗。指し過ぎですね。その時間を勉強に回した方がいいと、アマチュアの将棋上達法という本にも書かれていたので、休みでも10戦くらいに抑えなきゃいけないですね。

その中でも印象に残ったのは対嬉野流の将棋が2局あり、2局とも負け。嬉野流はどこを攻めていけばいいのかよくわからない。YouTubeの動画を見て対策を練ろうと思います。

角交換四間飛車の将棋は今のところうまくさばけたと思っても、逆転されてしまうことが多いです。美濃囲いの受け方がいまいち身についていないかな。中終盤戦の指し回しに問題があるように思います。

 

最後に

明日はNHK杯将棋を観戦しようと思います。連休の最低限の課題は既に完了したので、手筋本を解いたり、角交換四間飛車の定跡本を読んだりしたいと思います。

第5期叡王戦 六段予選 澤田六段vs佐藤和俊六段戦を観た

今日も仕事でトラブル。昨日解決したと思った問題が再発してドタバタでした。ハートが弱いんで、精神的に参っちゃいます。今度こそ解決すると良いのですが。

 

今日の観戦

19時スタートの叡王戦六段予選を観戦しました。佐藤和俊先生の三間飛車vs澤田先生の居飛車の将棋。序盤は居飛車がよさそうに見えました。飛車角交換になり、居飛車が飛車2枚、振り飛車が角2枚になり、どちら持ちかのアンケでは居飛車を持ちたいと回答。素人なのでやっぱり飛車の方がいいかなと。

しかし、佐藤和俊先生が角2枚をうまくつかい、端から攻めていきます。こんな指し回しがあるのですね。ちょっと感動しました。

その後、佐藤和俊先生がリードを奪い、△97角成~△99飛という派手な手も飛び出して、後手玉を寄せていきました。そのまま佐藤和俊先生の勝利。振り飛車の快勝譜といったところでしょうか。本戦でも活躍しそうな予感がします。

 

今日の勉強内容

5手詰を82題解きました。ほとんどの問題はスラスラ解けるのですが、たまに詰まる問題がある状態。3連休中にもう1周したいと思います。

5手詰将棋:テーマは「実戦! 」 (将棋パワーアップシリーズ)

5手詰将棋:テーマは「実戦! 」 (将棋パワーアップシリーズ)

 

 

今日の実戦

2局指して1勝1敗。ボチボチ頑張っていきます。

 

終わりに

仕事はなんとか片付いて、ちゃんと3連休できそうです。明日は午前中に予定がありますが、それ以外は将棋の勉強をしたいと思います。台風も来ますに堂々と引きこもりましょう。ネット中継も土曜、月曜とあるので楽しみたいと思います。

3連休中は高橋道雄先生の5手詰集と角交換四間飛車を指しこなす本の復習。さらに時間があれば、手筋本や角交換四間飛車の別の本にも手を出したいなと思います。夢が広がる3連休。でも実際はすぐ終わっちゃうんですけどね。

棋王戦決勝トーナメント 羽生九段vs深浦九段戦がありました

今日は朝から仕事でトラブルがあり、あたふたしていました。せっかく大ファンの羽生先生の将棋があったのにほとんど観ることはできず。棋譜中継で見たところ、また羽生先生が一手損角換わりを採用したのですね。羽生先生は一手損角換わりでかなり勝っていますよね。結果は後手の羽生先生の勝ちとなりました。

 

今日の勉強内容

詰将棋を20題だけやりました。忙しいときは最低限でよしとしましょう。

5手詰将棋:テーマは「実戦! 」 (将棋パワーアップシリーズ)

5手詰将棋:テーマは「実戦! 」 (将棋パワーアップシリーズ)

 

 

今日の実戦

実戦も一局だけ。角交換四間飛車で勝利しました。

 

終わりに

今はのんびり昨日の叡王戦七段予選のタイムシフトを観ています。相振り飛車の将棋。結果は飯島先生が勝ったそうで、穴熊をどう攻略するか注目して観ています。

明日も忙しそうですが、明日が終われば3連休。気合をいれて乗り切りたいと思います。ちなみに明日は叡王戦の六段予選がありますね。余裕があればちょっとだけ覗こうと思います。

第67期王座戦 五番勝負 第2局 斎藤慎太郎王座 vs 永瀬拓矢叡王 を観た

今日は涼しかったですね。これくらいの気候になってくれると元気が出ます。日中は仕事を頑張ってました。

 

今日の観戦内容

王座戦の第2局がありました。じっくりは観られませんでしたが、ちょくちょく状況は確認してました。角換わりの激しい将棋になり、斎藤王座が少しずつ有利を築いていましたが、89手目▲64歩が良くなかったらしく逆転。しかしその後、永瀬叡王も疑問手を放ち、評価値は互角に戻ります。しかし終盤のねじり合になると永瀬叡王が強い。最後は先手玉を綺麗に寄せて、永瀬叡王の勝ちとなりました。

 

これで王座戦2連勝。次、永瀬叡王が勝てば王座を奪取となります。斎藤王座も厳しい状況とは思いますが、なんとか次頑張ってもらいたいところです。

 

ニコニコで見てましたが、マンモス豊川先生の親父ギャグが面白かったです。

 

今日の勉強内容

今日は詰将棋を100問解きました。高橋道雄先生の5手詰将棋の2周目。解ける問題は1問30秒くらいで解けてますが、たまに詰まる問題があります。もう1周くらいした方がよさそうです。

5手詰将棋:テーマは「実戦! 」 (将棋パワーアップシリーズ)

5手詰将棋:テーマは「実戦! 」 (将棋パワーアップシリーズ)

 

 

今日の実戦

f:id:waraitarou:20190918210742p:plain

角交換四間飛車を積極的に指してます。上図の将棋は▲72歩の手筋が決まり、飛車先を逆襲していった局面。ここで後手が△76角と切り返してきました。△87歩と△67角成を見た手。本譜は▲78金△85角と進み、▲77桂で一本取りました。

しかし、▲78金に△87歩▲同金△67角成と進んでいたら難しい将棋でした。

△76角の局面に戻ると、ここでの最善手は▲68金。▲78飛と回れる手を残しておくのがいいようです。▲68金以下ソフトに解析させると、▲68金△87歩▲78飛△85角▲96歩△94角▲95歩△88歩成▲74飛△73歩▲83歩△同飛▲84歩△82飛▲64飛△同歩▲94歩と、長手順ですが、飛車と角銀の交換をできる手順があるようです。角交換四間飛車、奥が深いですね。

 

終わりに

明日はAbemaTVで羽生先生の将棋がありますね。じっくりは観れないと思いますが、ちょくちょく確認したいと思います。最近、羽生先生の勝つところをあまりみれてないので、是非勝利してほしいものです。